人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

計量カップの謎

なんだか不意落ちない。。。と思っていました。

京味の西健一郎さんのレシピで筑前煮を作ったのにしょっぱすぎるのです。ごぼうがなかったので入れなかったので、食材の量との比率があってなかったのでしょうか。


そういえば、たまに料理を作って全くうまくできないことがありました。

例えば、このちぎりパン。レシピ通りに作ったのに硬いのです。

もしかして、アメリカの計量カップや計量スプーンは日本のは違う?⁇

調べてみました。

アメリカの計量カップは250cc(少なくとも私が所有しているのは)で日本のは200㏄でした。アメリカのテーブルスプーン(Tbs)、ティースプーン(Tsp)と日本の大匙と小匙はほぼ同じでした。だから、カップで測る日本のレシピの料理がうまくできなかったわけです。しかし。。。

250㏄と200㏄をガラスコップに入れて並べてみると、それほど違うように見えないのですが。50㏄の差は大きいのでしょうか。それとも、クックパッドに投稿する人の中にはお米の計量カップ(180cc)を使う人がいるのでしょうか?
計量カップの謎_e0350971_22342661.jpg

私の計量カップと計量スプーンです。100円ショップで買ったBettyCrokerのものです。1/2カップをなくしてしまいました。
計量カップの謎_e0350971_22382866.jpg
もっとちゃんとした計量カップを買う必要があるのかもです。



ランキングに参加中
↓ ↓ 両方応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング



Commented by poppo1220 at 2020-07-12 00:29
私はほとんどのパンやお菓子を日本のレシピで作っていますが、グローバルスタンダードのグラム表記じゃないと作らないと決めています。
イーストでも2g, 2.5g, 3gと、正確に計量してます。。料理は計量スプーンや計量カップなどの体積表記の方が多いので気にしてられませんよね。しかもアメリカには謎な単位がまだ溢れてて、、くあーと?がろん?なんて読むんかも謎すぎるんですけどー笑。そうそう一応自分の中でカップの違いは頭に入れてましたけど、そんなに違わないとは思いますけどね、、、どうなんでしょう
Commented by Lynn6 at 2020-07-12 01:17
うんうん、アメリカの計量カップは日本のより大きいです。私も失敗します。
それと、小麦粉って同じ計量カップでも、重さが違ってくる時があって、
カップよりも重さでのが正確な気がしています。
でも 面倒な事、、しませんけど。(^◇^;)
Commented by indigo-gal at 2020-07-12 04:47
> poppo1220さん
このメートル法からの変換計算がめんどくさいんですよね。
チョットしたお惣菜だと適当でいいんですが、パンを焼くときは正確でないとうまくいきませんよね(と失敗の原因を他にもっていく)



Commented by indigo-gal at 2020-07-12 04:52
> Lynn6さん
カップで表記されているレシピは気を付けたほうがいいんですね。
私も面倒なことは嫌なのですが、在宅ワーク中にパンを焼けるようになりたいんですよね。
そういう目標がないと、家に引きこもりは時にしんどいです。
Commented by pet2love-nature at 2020-07-12 14:32
カップやスプーンでもそんなに違うんですね。。
私もアメリカのレシピ集持っていますが、それでなんか違う、、できなかったの納得です。。
後、ポンドで書かれていて、、ポンドって何ぐらむ???と結構適当になっちゃったのでそれも要因かもです。。
電化製品もボルト違うので、変圧器の方が高くてやめた記憶が(^◇^;)難しいものですね。。
Commented by indigo-gal at 2020-07-12 14:57
> pet2love-natureさん
計量カップなど、万国共通と思ってたら違うんですね。メートル法はわかりやすいですが、アメリカだと、16オンスが1ポンド、12インチが1フット(フィート)、3フィートが1ヤード、2パイントが1クオート、4クオートが1ガロン。。。ややこしいですよ。
変圧器は、精米機欲しさに買いました。こういうのも万国共通だといいですよね。
by indigo-gal | 2020-07-11 22:43 | 料理・食材・料理器具 | Comments(6)