人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

キリスト教思想の病院のクリスマス風景

今日は、1年に一度の検診に行ってきました。キリスト教の思想をもとに作られた病院なのでクリスマスの飾りも華やかです。

キリスト降誕のシーンは毎年飾られています。
キリスト教思想の病院のクリスマス風景_e0350971_12241020.jpg

大きなクリスマスツリーも待合室のあたりに飾られています。
キリスト教思想の病院のクリスマス風景_e0350971_12352867.jpg

エレベーターの横には大きなリースが飾られています。
キリスト教思想の病院のクリスマス風景_e0350971_12241715.jpg


ポインセチアはいたるところにあります。
キリスト教思想の病院のクリスマス風景_e0350971_12242307.jpg


私のお医者さんのオフィスの受付も、ミニリースやらミニツリーやらでいっぱいです。このお医者さんのオフィスは、年々患者さんが減っているみたいです。あまり、積極的に患者さんを増やしてないようです。リタイアも考えているのかもしれません。
キリスト教思想の病院のクリスマス風景_e0350971_12253214.jpg

おまけに、水道局のクリスマス風景です。
キリスト教思想の病院のクリスマス風景_e0350971_12242866.jpg

ランキングに参加中
↓ ↓ 両方応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング



Commented by meife-no-shiawase at 2019-12-14 21:48
病院でもクリスマスの飾りがたくさんですね。
アメリカは医療費が高いとききます。
検診もけっこうするのでしょうか???

私も毎年台湾でドックのお世話になっています。
安心料と思ってお願いしています。
Commented by indigo-gal at 2019-12-15 15:48
> meife-no-shiawaseさん
アメリカでは、どういう保険に入っているかで医療費が違います。
いい保険に入っていると、年に一度の検診はほぼタダです。目の検査、歯の検査, マンモグラフィー、子宮頸がん細胞診といったところでしょうか。年齢が行くと、骨粗鬆症(2年に一回ぐらい)と大腸内視鏡検査(5年に一回から10年に一回)が入ります。保険会社にしても、早期にこういう病気が発見された方が保険会社が払う費用が少なく済むので、予防ということに力を入れています。
Commented by umitoyomogi at 2019-12-15 18:09
クリスマスツリーがとても綺麗!
このような暖かい感じが好きだなーと思います(⌒∇⌒)

保険は国民皆保険制度ではなく、いろいろ個人の選択肢があるのですね。
アメリカでは良い保険に入れるかどうかが
重要なことなのですネ。
日本は国民皆保険制度がありがたいけれど
お薬の出しすぎや、もらった薬をちゃんと飲まないで
無駄にしてる患者さんも少なくないことが課題みたいです
ちなみに、アバウトな私ですが
お薬の飲み方はマジメです(*´∀`*)
Commented by indigo-gal at 2019-12-16 01:17
> umitoyomogiさん
アメリカでは、ObamaCareという国民保険というにはほど遠い制度があります。Obama大統領のときにできた制度です。Medicareといって、65歳以上の高齢者の保健制度は昔からありましたが、大体、皆さん、それ以外の保険にも入っています。重い病気にかかって、いい保険に入ってなかったために破産したという話はよく聞きます。医療費は高いです!特に、歯医者さん。
by indigo-gal | 2019-12-14 12:49 | カリフォルニアの風景 | Comments(4)