人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂

Michelangelo's Sistine Chapel(ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂)という展示会に行ってきました。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11085067.jpg

システィーナ礼拝堂にあるミケランジェロのフレスコ画の複製を展示してあるのです。

一つ一つのフレスコ画がシスティーナ礼拝堂の天井のどこにあるのか説明してあります。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11110417.jpg


アダムの創造です。これが一番有名なフレスコ画でしょうね。この微妙な神と人間の指先が触れ合っているようで触れ合っていないという関係。映画のETにも使われましたね。

ルネッサンスの芸術家たちは、古代ギリシアやローマに目を向け、完璧な人間の肉体を描きます。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11094376.jpg

原罪と楽園追放ですね。追放後のイヴの顔が醜くなっていますね。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11094693.jpg

ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11095598.jpg

デルフォイの巫女です。若い女性のキュートな顔です。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11234086.jpg

ダビデとゴリアテです。残虐な絵も多いですね。このフレスコ画では、今まさにダビデがゴリアテの首を切ろうとしているところです。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11094747.jpg

そして、最後の審判です。中央のキリスト以外は皆動揺した表情をしています。背景の青がすごく印象的でした。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11095204.jpg


そして、これが会場のクリスタルキャセドラルです。一時は大きな新興の教会でしたが、投資に失敗し他の教会にこの巨大な建物と土地を売る羽目になりました。
ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂_e0350971_11094082.jpg

ミケランジェロは4年かけてシスティーナ礼拝堂の天井画を完成させるわけですが、60フィート(6階建てのビルの高さ)もある天井に技術的に難しいフレスコ画を描くのです。並大抵のことではありません(天井に絵を描くのだから、常に上を見ているわけだし、首も痛くなったでしょうね)。


以前に行ったフローレンスのルネッサンスの講義です。



ランキングに参加中
↓ ↓ 両方応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング

旅行・お出かけ部門の応募します。


Commented by meife-no-shiawase at 2019-11-11 11:36
indigoさんの解説を読みながらで
すごく興味がわきました。

ETを観たのは中学生の時、アメリカで観ました。
ホームステイしていてファミリーが連れて行ってくれたんです。
英語がそこまでわかったとは思わないのですが、
強烈に感動して大泣きしました。
このシーンはフレスコ画が元だったのですね。
映画をもう一度観たくなりました~。
Commented by indigo-gal at 2019-11-11 15:20
> meife-no-shiawaseさん
こんばんは。
ETは1982年の映画なんですね。なつかしいですね。
大ヒットした映画ですね。私もまた観たくなりました。
今、観たらどういう風に感じるでしょうね。
by indigo-gal | 2019-11-10 12:04 | 美術館・劇場・庭園 | Comments(2)