人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

Art in Context - フィレンツェのルネサンス

今日は休暇を取っています。今月は、また凄く忙しくなりそうですから、束の間の休息です。

The Bower’s Museum に行ってきました。Art in Context というフィレンツェのルネサンスに関するレクチャーがありました。全部で6回ですが、時間があればまた来るかも。
Art in Context - フィレンツェのルネサンス_e0350971_08370175.jpg


フローレンスが芸術の街になったことに影響を与えた人物は、Giorgio Vasari (ジョルジョ・ヴァザーリ)Anna Maria Luisa de’ Medici (アンナ・マリーア・ルイーザ・デ・メディチ)だそうです。Anna Maria Luisa は彼女の所有していた芸術品をフローレンスに寄贈します。フローレンスから持ち出さない事を条件に。

今回は、ヴェッキオ宮殿・シニョリーア広場ドゥオモ(Duomo )の建築様式と中の芸術品についてです。まだ、中世やビザンチンの影響が残っていますが、次第にルネサンス独特の様式がチラチラみえはじめます。

ドゥオモは巨大な建築物で、その下の人間がつまらないアリのように見えます。でも、これが狙いだったとか。教会の権威をみせつけるために。面白いと思ったのは、ドゥオモの敷地には洗礼を受ける別の建物があり、子供が生まれるとすぐそこに行って洗礼を受けたそうです。洗礼を受けてないとカテドラルには入れないのです。


ルネサンスの特徴は、以下のものに興味が向けられたことです。
人間の顔や身体
ローマやギリシャ時代
名声
都市政治

チョットわからなかったのは、どうして中世の世界観から抜け出して、古代ローマやギリシアに目が向けていったのか。そういう考え方が、なぜできるようになったのか。芸術家たちはもっと広い世界観を求めていったのですが、一般市民の世界観はどうだったのかということです。そのうち、いいルネサンスの本でもあれば、読んで調べてみたいです。


この後、敷地内のTangata というレストランでランチにしました。クラブケーキです。値段の割にクラブケーキが小さかったけれど、ダイエット中なので、それでいいのかも。
Art in Context - フィレンツェのルネサンス_e0350971_08370795.jpg


レストランのテラスで食事しましたが、そこから見える青空とヤシの木が南カリフォルニアらしく象徴的でした。
Art in Context - フィレンツェのルネサンス_e0350971_08370905.jpg


最近、この博物館にしょっちゅう通っています。




ランキングに参加中
↓ ↓ 両方応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング



Commented by N-styel at 2019-10-03 17:57
初めまして‼٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
私の拙い記事にイイネを贈っていただいて、深くありがとォございます。
メイフェさんにご紹介いただいて、こうして新たな出会いを繋いでいただいて、とっても嬉しいです。
素敵なlectureをお楽しみですねぇ~♡
私も数年前にヴェネツィアをじっくり楽しみました。
懐かしい気持ちになります‼
プロフィールを拝読し…素晴らしいご経歴に圧倒されております‼
これからも仲良くお話させていただけましたら嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Nao☆
Commented by indigo-gal at 2019-10-04 11:39
> N-styelさん
初めまして。
今日、帯のブログ記事を拝見させていただきました。鮮やかで素敵ですね。
日本の方のブログ記事は、あこがれることがすごく多いです。残念ながら、アメリカで実現できないことも多いのですが。
これからもよろしくお願いします。
by indigo-gal | 2019-10-03 02:41 | 美術館・劇場・庭園 | Comments(2)