人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

自動販売機が壊れていて得する

会社の中には、自動販売機がいくつか設置されています。

その1つでポテトチップスを買ったら、袋が途中でつっかえて下に落ちてきません。

損をしたなぁと思っていたら、販売機の横にその会社の電話番号がありました。試しにかけたら、払い戻してくれるとか。値段と私の住所を聞かれました。

1.25ドルのために、切手とチェックを切るプロセスは自動販売機の会社には割に合わないだろうなあと思っていたら、現金で2ドル紙幣を郵送してきました。75セントの儲けです。

普段、2ドル紙幣には巡り合わないので、使わずに財布に入れたままです。
自動販売機が壊れていて得する_e0350971_13510426.jpg

それから一か月たって、今度はコーヒーの自動販売機が壊れていて、コーヒーが出てきません。また、電話すると、1ドル紙幣が郵送されてきました。25セントの儲けです。
自動販売機が壊れていて得する_e0350971_13514027.jpg

同封されていた手紙には、GoogleかYelpに良い評価を書いてくれとのことです。そろそろ、書いてあげねば。。。




ランキングに参加中
↓ ↓ 両方応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング



Commented by Lynn6 at 2019-08-09 23:48
うふふh、すごい自販機の会社ですねえ。
チェックじゃなくて、今時 電子マネーだってあるのに、キャッシュ⁉️
そう言うクレームが殺到しそうに思います。
ところで、その現金紙幣は どのような封筒で送られてきました?
日本だと、現金封筒 ってありますけど。米は … どうですか。
Commented by indigo-gal at 2019-08-10 08:19
> Lynn6さん
普通の封筒でしたね。チェックを切るよりやすあがりでしょうね。多分、クレーム用にPetty Cashを用意しているのでしょうね。でも、1ドル、2ドルのためにわざわざ電話するのはあまりいないのでは。
by indigo-gal | 2019-08-08 23:17 | アメリカの生活 | Comments(2)