アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

達人がつくるメキシコの花のゼリー

近くのメキシカンのベイカリーでは花のゼリーを売っています。といっても、本物の花をゼリーに入れているわけではありません。

これがそのゼリー。斜めから見た写真です。プラスチックの花を入れているのではありません。全部食べられます。

e0350971_14033884.jpg
真上から見た写真。こちらの花はピンクです。直径10センチぐらいでしょうか。
e0350971_14044659.jpg
半分に切った断面図。
e0350971_14072143.jpg
ゼリーづくりはメキシコではポピュラーのようです。こちらのお店では、近所に住むゼリーの達人(?)が作って卸しているようです。直径10センチから30センチぐらいまでのゼリーが売られています。

クリスマス時期はポインセチアのゼリーが売られているようです。去年はこの達人が病気だったとかで、ポインセチアにお目にかかれませんでした。


YouTubeで作り方を見つけました。


ランキングに参加中
両方応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング

パン・スイーツ部門に応募します。


[PR]
Commented by mariakulala at 2018-11-08 20:34
会社近くのベトナム料理店 たまに行くのですが
そこでも このゼリー 売っています。
確か3Dゼリーとか言って売っています。
1回食べました 普通の味でしたが(≧∇≦)
youtubeで作り方 初めて知りました!
なるほどね〜でもね 見たらあんまり食べたくなくなりました
着色料みたいな色が濃すぎて、、、( ̄▽ ̄)
Commented by indigo-gal at 2018-11-09 14:54
> mariakulalaさん
こんばんは!メキシコのゼリーはアメリカのJell-oよりも堅めです。多分、花を注入するのにその方がやりやすいんだと思います。味は特にないですよ。源吉兆庵の金魚のゼリーはブドウの味がしましたが。。。要は、味よりも見た目ですね。いかに綺麗な花を作れるかが重点なんだと思います。
by indigo-gal | 2018-11-08 14:20 | お菓子 | Comments(2)