人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

ノートン・サイモン美術館-現代美術

ノートンサイモン美術館の続きです。

現代美術の部屋からです。ピカソも結構多いですね。

アンリ・マチスのNude on a Sofa。1923年のものです。黒いはっきりした線を使っていますね。これは浮世絵の影響とか美術史で習ったような気がします。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12180571.jpg
ピカソのWoman with a Book。1932年の作品です。独特の黒い線を使っています。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12045584.jpg
これもピカソです。Woman with Mandolin。1925年の作品なので上の作品に比べて作風が違いますね。主に陶器に使われるSgraffitoというテクニックを使っているそうです。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12085465.jpg
モディリアーニのPortrait of the Artist's Wife, Jeanne Hebuterne。1918年の作品です。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12274948.jpg
これはカンディンスキーの作品でOpen Greenといいます。1923年の作品です。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12131656.jpg
クリーの作品でPossibilities at Seaです。1932年の作品です。カンディンスキーとクリーはもっと抽象的な作風ですね。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12162594.jpg
アンリ・ルソーのExotic Landscapeです。1910年の作品です。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12221841.jpg
この彫刻は誰のものかチェックしませんでしたが、ジャコメッティだと思います。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12305212.jpg
これはもっと最近のもの。サム・フランシスのBasel Mural 1, II, III。1956-1958のものです。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12321669.jpg
そして、RiveraのThe Flower Vendor。1941年のものです。
ノートン・サイモン美術館-現代美術_e0350971_12363987.jpg
ロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)にもディエゴ・リベラのカラーの油絵が展示されています。



続きます。。。

ランキングに参加中
両方応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング



Commented by mariakulala at 2018-08-21 12:48
わー〜今日はいい絵たくさん見せていただきました。
ピカソの色 リベラのカラーの花 いいですね。
一番上の絵 ん裸 自分かと思ったーー
垂れたお腹、、ふふっ
裸でもいやらしさなくていいですね。
Commented by indigo-gal at 2018-08-21 14:37
> mariakulalaさん
色もカラフルですが線を使った絵画が増えていってますね。さすが、LAです。小さな美術館でも、ピカソとか有名な芸術家の作品がそろっています。うちの方の郊外だと美術館も質が落ちますね。
by indigo-gal | 2018-08-21 06:36 | 美術館・劇場・庭園 | Comments(2)