人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

病めるアメリカーホームレスの問題

ロスアンジェルスのホームレスの問題は深刻になりつつあります。

歯医者さんのロビーにLos Angeles Magazineという雑誌が置いてあったので、読んでいるとホームレスの記事がありました。


なんと、1人のホームレスの人にかかる年間の公共の費用は$38,146です。しかしながら、何らかの住居をあてがった場合、年間費用は$15,358に下がります。Measure Hという法律も去年7月通りました。この10年間、セールスタックスを0.25セント上げるというものです。これにより、この一年間で10,000人のホームレスの人が仮住居かパーマネントの住居に住めるようになったということです。

一般的な見方は、ホームレスはドラッグユーザーや精神病患者だと決めつけていることです。非常に高いパーセンテージのドラッグユーザーや精神病患者はホームレスの人口にあると思います。

しかし、普通に仕事を持っている人もいるのです。去年、ホームレスの中にDisneyLandでフルタイム勤務の人たちがいるというニュースが大々的に流れました。DisneyLandの時給11ドル--ーそれではこの南カリフォルニアでは生活できないのです。最近、DisneyLandが自給を15ドルに近い将来上げるというニュースがありましたが。




ランキングに参加中
両方応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村


カリフォルニア州ランキング



Commented by Lynn6 at 2018-08-14 14:31
確かに、ホームレスの問題、大きいですね。
確かにドラッグや精神異常者ばかりではないのですが、SFはあまりにソレが目立って怖いです。
お話の仕事をちゃんと持っていても 住む所を得られなくてのホームレス、、、おかしい事ですよね。



Commented by indigo-gal at 2018-08-14 15:06
> Lynn6さん
カリフォルニアは住居費が高いですからね。Minimum Wageでアパートを借りて車を所有するのは無理ですね。南カリフォルニアは北カリフォルニアよりは住居費が安いですが、車がないと生活できません。最近、70年代のシットコムでArchieBunkerというのを見ているのですが、その時代は教育がなくてもお父さん1人が工場かなんかで働いて、おうちをもって家族を養えたわけです。今、そんなことできませんね。
Commented by mariakulala at 2018-08-15 12:58
私 普段夜は行動しないのですが 用事があり
帰りが遅くなり 駅に着いたらびっくり
そこは ダンボールを持った人たちが 今晩寝る場所確保していました。
それが大勢で、、
韓国の地下鉄でも見ました。
地方に住んでるとホームレス見かけることがないのですが
まじかに見てショックでした、、
まだ どちらのお国の方が こういうことに対しては進んでいるのではないでしょうか、、
日本は 見て見ぬふりです、、
私も含めてです、、

Commented by indigo-gal at 2018-08-16 08:38
> mariakulalaさん
難しいですよね。ホームレスでも一人の人間として尊重しなきゃいけないけれど、でも、この人、大丈夫⁇って思ってしまう。ずっと前にSeven-11で、ホームレスの人がお客の1人に怒鳴っていました。怖くなってお店を出たら、その人も出て来て、私に聞くのです。そのお客は彼を汚ならしい物を見るように見たと。ひどいじゃないかと。そのとき思いました。誰であれ、一人の人間として尊重しなければならないと。
by indigo-gal | 2018-08-14 10:27 | アメリカの生活 | Comments(4)