人気ブログランキング |

アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

お味噌汁で号泣したはなし

これは随分前に日本人の知り合いのおばさんから聞いた話です。多分、1960年頃のことだと思います。

この方、日本の中流家庭で育ち、縁があってアメリカ人のご主人と結婚されたのでした。

このご主人の実家はどこかアメリカの片田舎。今と違い、日本食のレストランやスーパーなどありませんでした。ましてや、田舎の方となっては。まあ、アンクル・ベンというインスタントのお米ぐらいはあったでしょうが。

何年かそこで過ごし、ご主人の転勤でカリフォルニアに来ることになったそうです。車でアメリカを横断し、途中でリトルトーキョーの日本食レストランでランチを食べることになったとか。

ご飯とお味噌汁が出された瞬間、そのおばさんワンワンと泣き出したそうです。もう何年も、お味噌汁など食べるどころか見てもないのです。驚いたのは、日本食レストランのおかみさん。何事かと思ったでしょうね。事情を聴いたそのおかみさんは、彼女にお味噌汁のお替りのくださったそうです。

今はなんと恵まれているのでしょう。私の冷蔵庫のお味噌です。白みそ、西京みそ、麦みそ、仙台味噌といろいろあります。
お味噌汁で号泣したはなし_e0350971_12525981.jpg
私の同僚の日系二世の子が言ってました。彼女のお母さんはお味噌を手作りしていたとか。私も今手作りのお味噌に挑戦していますが、私と彼女のおかあさんの手作り味噌を作る理由は違いますね。


1968年を境にアメリカが変わります。


旅行・お出かけ部門(海外生活)に応募します。

第2回プラチナブロガーコンテスト
ランキングに参加中
両方応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村

カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ

Commented by Lynn6 at 2018-01-10 13:53
ああ、そのお話 よく分かります。1960年代と言ったら、昭和30年代です。そのご苦労は想像に難くありませんね。
ところでお宅のお味噌は凄いですね。こんなに種類が手に入るなんて、西海岸は良いなあ〜。
Commented by indigo-gal at 2018-01-10 15:03
> Lynn6さん
アメリカどこにいても、日本の食料は手に入りやすくなりましたね。うちの中西部に住む娘のところも日本の小さな食品店があり、頼めばシカゴから取り寄せてくれるとか。アマゾンや楽天もあるし。
Commented by mariakulala at 2018-01-10 19:46
すごいお味噌の数ですー
私なんて一つしかないですよ。
お味噌の話 うるっときました。
昔は 手作りでしたよね。
うちもおばあちゃんが作る 麹 大豆のつぶつぶ味噌大好きでした。
お味噌作られるんですねー
すごいですね。
Commented by indigo-gal at 2018-01-11 11:25
> mariakulalaさん
ずっと忘れていた話で、何かの拍子に思い出したんですよね。ブログの記事を書いていて、私自身もほろっとなりました。昔のアメリカ在住の日本人の人は大変だったんだなあと思って。若い時は日本食なくても大丈夫ですが、年を取るごとになしでは生きていけなくなりました。
by indigo-gal | 2018-01-10 13:23 | アメリカの生活 | Comments(4)