アバウトな情報科学博士のアメリカ

indigogal.exblog.jp

自分探しのブログです。

ブログトップ

読書の冬

とうとう今年もあとひと月。クリスマス前からお正月明けまで会社は休みになります。それに自分の休暇も入れて2週間休もうかと思っています。

この冬休み期間は、山ほど溜まったやるべき事をかたづけるときです。

読もうと思ってずいぶん前に買って読んでない本を読むときでもあります。

通勤用の日本の文庫本や仕事に必要な技術文献とかとは違った種類の本が結構あります。論文を書くのに必要だったとか、ちょっと興味があったとか。

この手の本はなかなか読む気にあれないのですね。でも、この冬休みは読書に挑戦です。

Thomas Kuhn のThe Structure of Scientific Revolution は翻訳されているようです。”科学革命の構造”というのが日本語版の題名。科学の歴史の本とでもいうか。この先生はパラダイムシフトという言葉を生み出したそうな。
e0350971_11371077.jpg
ノーム・チョムスキーのUnderstanding Power は日本語訳は”現代世界で起こったこと”です。この人は結構有名な言語学者。
e0350971_11371561.jpg
ダイアン・ヴォーンのThe Challenger Launch Decisionは翻訳されてないようです。これはチャレンジャーの爆発事故について何故起こったかを膨大な量の文献を使って社会学者の観点から研究したもの。
e0350971_11373389.jpg
結構フォントサイズが小さいです。。。まあ3冊読めば上出来でしょう。
e0350971_11370773.jpg
そして今通勤中に読んでいる文庫本。横溝正史の金田一耕助(古い!)でも、昭和的なレトロ調のものが好きなんです。
e0350971_11370661.jpg
そして美味しんぼと共に私が集めているグルメ漫画。


ランキングに参加中
両方応援していただけると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ
にほんブログ村

カリフォルニア州(海外生活・情報) ブログランキングへ



[PR]
Commented by mariakulala at 2017-12-05 21:25
お休みに 今までできなかったことが
できるのは 楽しみですね。
本 溜まっているんですね。
同じです。気になるとすぐ買うのですが、、
山積みです。、横溝正史 大好きでした、、
おどろおどろしていて(T . T)
漫画も読まれるんですねー 私。息子が読んでいた本見てます。
今は キングダム です♡
Commented by indigo-gal at 2017-12-06 11:29
> mariakulalaさん
横溝正史とか松本清張の昭和も戦後あたりの小説は好きですね。本屋さんでは売れる本しか置いてないので(村上春樹とか)昔の作家の本はなかなか見つかりません。こちらでは紀伊国屋とBOOKOFFがあります。Amazon.co.jpで電子版を買った方が安いですね。
by indigo-gal | 2017-12-05 12:08 | 読書 | Comments(2)